税金の基礎知識

難しい税金を、実際の事例に置き換えて、分かりやすくご説明しています。
ぜひ、皆様のご参考になれば幸いです。

 こちらに記載している情報は、特に断りがない限り、平成28年現在の情報です。税金の法律は毎年変わりますので、具体的な事案は税理士等の税務専門家にご相談のうえ、実行してください。

(最終更新:平成28年10月7日)

「税金の基礎知識(目次)」

 1.不動産の税金について

 2.会社の税金について

 3.個人の税金について

 4.税金全般について

 

1.不動産の税金

不動産の税金は難しい部分が多いのですが、分かりやすくご説明していきたいと思います。

1-1.不動産を売却した場合の税金(個人が売却した場合)

  1-1-1.個人が不動産を売却した際は、どのような税金が税金がかかりますか?

  1-1-2.譲渡所得の収入金額を計算する際のポイントとは?

  1-1-3.譲渡所得の取得費を計算する際の注意点とは?

  1-1-4.譲渡費用を計算するときの注意点とは?

2.会社の税金

会社にかかる税金について、また、会社を経営する際に避けられないのが社会保険料の負担についてもご説明していく予定です。

2-1.会社にかかる税金について(法人税等)

 2-1-1.会社にかかる税金とは?(執筆中)

 2-1-2.棚卸資産で注意すべき事項とは?

 2-1-3.減価償却で注意する点とは?(執筆中)

 2-1-4.役員給与で注意すべき点とは?(執筆中)

 2-1-5.従業員への給与で注意すべき点とは?(執筆中)

 2-1-6.交際費・会議費で注意するポイントとは?(執筆中)

 2-1-7.寄附金で注意するポイントとは?(執筆中)

 2-1-8.貸倒損失で注意すべき点とは?(執筆中)

 2-1-9.繰越欠損金で注意すべき点とは?(執筆中)

 2-1-10.会社が天引きする必要がある税金(源泉所得税)が危ない?(執筆中)

2-2.消費税で注意するポイント

 2-2-1.納税義務を事前に予測すると節税につながる?(執筆中)

2-3.社会保険の概要(会社が払う社会保険料について)

 2-3-1.会社が社会保険料を負担するとは、どういうことか?(執筆中)

 2-3-2.社会保険料を削減できるって、本当ですか?(執筆中)

 

3.個人の税金

個人の方にかかる税金としては、主に「所得税(税務署)」と「住民税(市区町村役場)」があります。

住民税は、原則として所得税の計算を基に課税されます。
ですので、税務署が関係する所得税の考え方を、しっかりと理解する必要があります。

3-1.確定申告について

 3-1-1.確定申告が必要な人とは?

 3-1-2.確定申告をするための準備とは?(執筆中)

3-2.個人事業にかかる税金

 3-2-1.個人事業の利益にかかる税金とは?(事業所得について)(執筆中)

 3-2-2.消費税は節税できるのか?(執筆中)

3-3.会社員にかかる税金は?

 3-3-1.お給料にかかる税金の仕組み(源泉所得税)(執筆中)

 3-3-2.退職金の税金が優遇されているって、本当ですか?(執筆中)

 3-3-3.住宅借入金等控除(住宅ローン控除)で注意する点は?(執筆中)

 

4.税金全般

税金には色々な種類がありますが、その中でも、普段、あまり馴染みのない税金を取り扱ってみたいと思います。

なお、相続税は、内容が難しいので、下記の相続サイトにてご説明していますので、参考にされてみてください。

「相続の基礎知識」(相続特設サイトへ)

4-1.税金を多く払いすぎた場合は、どうすれば?

 4-1-1.払いすぎた税金は税務署から戻してもらえる(更正の請求)(執筆中)

 4-1-2.更正の請求をする際のポイント(税務署への説明書を工夫しましょう)(執筆中)

4-2.税務調査の取り扱いについて

 4-2-1.税務調査は怖くない(執筆中)

 4-2-2.税理士の腕やキャリアで、税務調査の結果が変わるのか?(執筆中)

4-3.税金の罰金について

 4-3-1.期限までに書類を出さないことへの罰金(無申告加算税)(執筆中)

 4-3-2.期限までに税金を納めないことへの罰金(延滞税)(執筆中)

 4-3-3.税金が少なかった場合の罰金(過少申告加算税)(執筆中)

4-4.契約書にかかる税金

 4-4-1.どのような契約書に印紙税がかかるのか?(執筆中)

 4-4-2.印紙税を節税することは可能か?(執筆中)