税理士ブログ

マイナンバー研修会の講師

中央区日本橋茅場町で開業している、税理士の石橋です。

先日、税理士先生のための研修会の講師を勤めさせて頂きました。

24-マイナンバー研修会の講師.PNG

研修会は、東京税理士会日本橋支部の建物内で行われました。
参加される税理士先生は、20人~30人程度なのかな?と思っていたのですが、なんと60人超の先生にお集まり頂きまして、盛況に終わりました。
ご出席頂きました先生方、誠にありがとうございました。

前半は、私が、「マイナンバーに必要な規定と契約書類の確認」ということで、税理士がマイナンバーに関して作成しておくべき書類について、ご説明させて頂きました。

後半は、税務署の方から、インターネットを使った法定調書(会社が税務署に年に1回届け出る書類)の作成方法についてご説明を頂きました。

私のご説明できる時間は50分間だけでしたので、その短い時間で、以下の項目をご説明させて頂きました。

  • お客様と税理士とで、契約書や覚書を作成すること
  • 税理士事務所内でも必要な書類があること
  • 今度の所得税の確定申告から本人確認があること
  • 個人番号はきちんと管理し、必要なくなったら廃棄すること

マイナンバー(個人番号)は、一般の方には馴染みが薄いかと思います。

私の事務所のお客様は、不動産をお持ちの方が多いです。
個人所有の不動産を会社に貸している場合、
「税務署に提出するので、マイナンバーをください」
と言われている地主様、大家様も多いと思います。

ですが、「他人に番号を知られたくない!」ということで、番号をお渡しにならない方も多いんですね。
このような場合、どう対応すれば良いのか、そこまでのご説明ができれば良かったのですが、時間が足りずに、ご説明しきれませんでした。

マイナンバーは、確認する事項が多く、税理士にとっての事務負担が大きい。そう思います。
(これは、日本中の税理士の総意だと思います)

 

ところで、研修会を終えて、他の税理士先生方から、
「石橋さん。良かったよ~」
と、お褒めの言葉を頂戴しました。

ご出席者いただいた先生のほとんどは、私よりも年長の先生方ですので、私も恐縮しながらご説明させて頂きました。
ですが、ご説明事項をきちんとお伝えできましたので、私もホッと一安心致しました。

 

来週、再来週には、昨年も講師を勤めさせて頂いた、青色申告会の講師を3回勤めることになっています。
難しい税金を、皆様に分かりやすくお伝えすべく、これからも頑張りたいと思います。

仲間との集まり

中央区日本橋の税理士、石橋です。

先週のことですが、ある仲間(若手税理士や、税理士を目指して勉強している方々)の集まりに出席させて頂きました。

年に1回、都内で集まります。

今回は、約40名~50名程度の方々が集まりました。
色々な手配をして頂きました、幹事の先生方に感謝感謝です。

そのなかで、簡単なスピーチをさせて頂く機会がありました。

23-同業者の集まり-1.PNG

スピーチには、場面と内容に色々な工夫が必要となります。

今回は、お酒が入った、仲間同士の集まりでしたので、かなりくだけた場になります。
本来であれば、それに合わせた、くだけた話しをするべきなんですが、少し真面目な話しの配分が多かったと反省しました。

税理士は本来、税金の専門家ですから、スピーチの練習なんて、する必要はないとお考えの方も多いです。

以前は、私も同じ考え方だったんですが、色々なお客様とお会いするうちに、
「分かりやすくご説明するのも税理士の仕事ではないか?」
と考えるようになり、多少ですが、話し方やスピーチの練習をするようになりました。

23-同業者の集まり-2.PNG

スピーチの原稿を考える際には、いくつかポイントがあります。

  • 場にふさわしい内容か?
  • 歴史や童話といった、たとえ話で分かりやすく説明する
  • 笑いをとるようにする

これ以外にも色々なポイントがあるのですが、やはり大切なのは実践です。
つまり、皆の前で、いかに恥をかくかということが、上達への早道です。

今回も反省点がありました。
私よりも若い方々に、少しでも元気になって頂ければと思い、頑張ってお話しさせて頂きました。
歴史のたとえ話(戦国武将の話等)を入れたのですが、年配の方々の受けは良いのですが、若手の方々の受けはイマイチです。

ですから、事前に聞き手の年齢構成を考え、場合によっては、誰でも分かるたとえ話(イソップ童話等)にするべきなんでしょうね。

ここ数年間は、
「税理士は税金に誰よりも詳しくなるべきだ。それがお客様へのサービス向上につながる!」
と考えて、税金や周辺知識の勉強を、徹底的にしてきました。

ですが、お客様の悩みは色々です。

  • 親子の関係が良くないが、どうすればよいか・・・
  • 息子が継いでくれない
  • 開業しようと思うが、踏ん切りがつかない・・・

これらは、机上の勉強(本を読んだり、セミナーを受けたりすること)では解決しません。
税理士の人間性を高めて、真剣に、お客様に向き合う必要があります。

そのための一環として、これからも「話し方」にこだわり、真っ先に相談される税理士になりたいと思っています。

中央区日本橋の税理士、石橋です。

少し前ですが、一人で「大岳山(おおだけさん)」に登ってきました。

この山は、初心者向けの登山ガイドブックにものっていて、バランスのとれた山と言われています。

  • 都心から近い(立川からさらに先の中央線沿いで比較的近い)
  • 登りやすい(道が比較的しっかりしている)
  • 景色が良い(標高1267メートル)

まずは、御嶽(みたけ)駅をおります。すると、結構な人がおりてきます。
結構、外国の人もおおいんですよね。

22-大岳山-1.PNG

駅前のバスで10分ほど乗ったら、ケーブルカーで一気に登ります。
ケーブルカーは、京王電鉄が運営しているんですね。

22-大岳山-2.PNG

あとは、ひたすら登ります。
上級者向けコースと言われている、
「鍋割山(なべわりやま)→大岳山」というコースで歩きました。
(総歩行時間は約5時間11分でした)

22-大岳山-3.PNG

鍋割山の頂上の写真です。

ここで、13歳の少年(中学2年生)が、一人でぽつんといました。

話しを聞くと、
「両親と弟とで登っていたんですが、はぐれてしまいました・・・」
とのことでした。

「はぐれてからどれくらい?」
と聞くと、
「たぶん1時間くらいだと思います」
とのこと。

ご両親が心配しているでしょうから、急いで電話なりメールなりする必要があります。
ご両親の電話番号を聞くと、「分からない」とのこと。
すると、少年がリュックからiPad(アイパッド)を出してきました。
ですが、このiPad、wifi(無線ワイハイ)専用モデルで、アクセスポイントがないと通信できないんですね。

そこで、私のiPhone(アイフォン)と少年のiPadとを無線でつなぐことにしました。
そして、少年のiPadのLINE(ライン)から、両親へ、メールと電話をするようにしました。

しばらくすると、お母様につながりました。
すると、
「先に進んでいるから、近くの人に道を聞いて、何とか頂上まできなさい!」
とのことでした。

ですので、ここから少年と一緒に、山道を進むことになりました。
少年からは、色々な話しを聞くことができました。

  • 卓球部であること
  • 勉強は理科系が得意であること
  • 彼女はいないこと(^_^)

1時間後、頂上の少し前で、無事にご両親と合流することができました。
私も一安心です。

安心して、山頂まで進みました。

22-大岳山-4.PNG

大岳山の山頂です。

慣れている方は、レジャーシートを引いて、携帯コンロで美味しそうに食事をしています。
(私は、つめたいおにぎりを食べましたが・・・)

この仕事(税理士)をしておりますと、色々な悩みが出てきます。
「あの数字は間違っていないのか?」「お客様との関係」等々・・・。

開業して5年以上が経ちました。
ストレスがたまり、毎日すっきりしない・・。
そこで、何かストレス解消できるものがないかということで、今年になって、思い切って山に登ってみることにしました。

というのも、お客様に貢献するためには、自分自身の体調・精神状態をベストにしておく必要があると思ったからなんです。

ストレス解消の方法は、人それぞれだと思います。
自分なりの方法を見つけ、ストレスをなくし、体調を維持する。
そして、全力でお客様に貢献する。

これからも、頑張っていきたいと思います。

中央区日本橋で税理士事務所をしております、税理士の石橋です。

先日、デパートの地下(略して「デパ地下」)で、お客様への手土産を購入しました。

皆さんも、お客様のご自宅や会社にお邪魔する際、お菓子や佃煮など、手土産で迷われる方も多いと思います。

この手土産ですが、選ぶセンスによって、その方の人柄、人生経験が分かると言われています。

私の事務所は、正確に言うと、「東京都中央区日本橋茅場町」にあります。
(茅場町駅から徒歩10秒、日本橋駅から徒歩5分のところにあります)

一番近いデパートは、日本橋高島屋ですので、いつもそちらへ歩いて行き、お客様への手土産を購入しています。

私が買う手土産は、大体、つぎのお店が多いです。

  • 洋菓子
    ウエスト、ヨックモック、東京會舘
  • 佃煮や煮物
    浅田屋、山本海苔、浅草今半

今回は、初めて、「グランマシーニューヨーク」で手土産を購入してみました。

「グランマシーニューヨーク高島屋日本橋店」

21-手土産.PNG

色々なケーキが並んでいますね。

先日、ここの「チーズケーキ」を購入してみて、その味の濃厚さに感激し、今回の手土産にしてみました。

ですが、一点、ご注意があります。
それは、若いお客様なら、このチーズケーキは大満足なんでしょうか、ご年配の方へは、少々ボリュームがありすぎるということです。
(人によっては、チーズそのものを食べていると感じる方もいるそうです)

ですので、最近は甘さ控えめの洋菓子がブームだそうです。
そのブームにのっている?のが、洋菓子店「オードリー(AUDREY)」です。

「洋菓子店オードリー(高島屋日本橋店)」

先日、知り合いから、オードリーのお菓子を頂いて、甘さ控えめなのを実感しました。

甘さ控えめというと和菓子を連想しますが、最近の和菓子でも相当甘いものがありますから、このような洋菓子もいいのではないか。そう思っています。

こちらのお店の写真はとれませんでしたが、このお店、いつもご年配の方々で行列しています。
(ですので、私も購入できませんでした)

お客様のご年齢、ご体調、家族構成を考えて、手土産を考える。
私も最初は失敗しました。
(ご高齢の一人暮らしの方に、いくつもの生菓子をお持ちした等々・・・)

最近は、ご家族が多いようでしたら、ご飯のおかずになるようなもの。
女性であれば、日持ちする小分袋に入ったお菓子に落ち着きました。

お客様のことを想い、手土産をお持ちする。
ちょっとした気遣いですが、なかなかに難しく、かつ、奥深い。

お客様を本当にご心配差し上げるなら、税金だけでなく、手土産へのお心遣いも必要ですね。

中央区日本橋で開業している税理士の石橋です。

1ヶ月ほど前なのですが、お客様のキッチンスタジオが完成したとのご報告を頂きました。

そして、次のようなホームページを開設されたそうです。

キッチンスタジオ「le flou.(ル・フルゥ)」

20-le-flou.PNG

ご覧頂くと分かるのですが、設備は充分に整っていて、かつ、おしゃれということで、早くも評判は上々のようです。

最近は、キッチンスタジオの需要が高まりつつあるそうです。
例えば、次のような用途が多いそうです。

  • 料理教室の会場
  • 近所の奥様の社交場
  • 友人同士のパーティー

料理教室では、カリスマまではいかないけれども、それなりに有名な先生が、おしゃれなキッチンスタジオを借りて料理教室をされていることが多いそうです。

また、簡単なパーティーも多いそうです。
確かに、下手な居酒屋で食事するよりも、キッチンスタジオを借りて、デパ地下で美味しい総菜とワインを買い込めば、割安ですみそうですね。

このキッチンスタジオの特徴は、つぎにあるとお聞きしております。

  • 設備にこだわっている
  • 安めの値段設定

設備にはこだわっているそうです。

例えば、会食用のテーブルは、高い一枚板?で出来ているそうで、お値段はかなりのものだそうです。

また、キッチン等の水回りも、お金がかかっているそうです。
(水がセンサーに反応して出るので、ちょっとびっくりしましたが・・(^_^))

ですが、一番の特徴は、利用料金が安い!とのことでした。

私は、キッチンスタジオを利用したことがなかったので、詳しくは知らなかったのですが、利用したことのある知人に聞いたところ、この値段設定はかなりの低料金だそうです。

  • 設備よし!
  • おしゃれでよし!
  • 低料金で、なおよし!

前回の都知事選のキャッチコピーで締めてみましたが(^_^)、こちらは本当に良いキッチンスタジオなので、皆さん、ぜひ利用してみてくださいね。

ところで、お客様からの帰り際に、
「石橋先生、簡単なパンフレットを作ったので、皆さんに配って宣伝してください!」
とのお話しを頂戴しました。

20-キッチンスタジオ.JPG

私も、頑張って、お客様のお役に立てるように、頑張りたいと思います。

少し前までは、ご自分で不動産を持たれている方は、
「単に貸すだけ」
という運用方法が多かったと思います。

ですが、最近は、ご自分の不動産に、自らが手を入れられて、積極的に運用される方が多いように感じています。
そのためには、

  • 不動産について勉強すること
  • 真面目な内装業者、工事業者と知り合うこと

といったことが必要だと感じています。
特に、不動産業界は色々な方(マジメでない方)も多くいらっしゃる業界です。
良い業者さんとお付き合いすることが、何より大切ですね。

繰り返しになりますが、皆さんも、キッチンスタジオ「le flou.(ル・フルゥ)」を是非、ご利用ください!!

 

不動産売買契約の立ち会い

こんにちは。
中央区日本橋の税理士、石橋です。

少し前のことなのですが、お客様が地方の不動産をお売りになるということで、売買契約のお立ち会いに参加してきました。
場所は、守秘義務の関係でお伝えできませんが、北関東地域で、東京からは電車で1時間半程度というところです。

19-不動産売買契約(駅前).JPG

地方都市ということで、駅前の人通りは多くありません。

ところで、不動産の売買契約は、普通は、つぎのような方々が立ち会います。

  • 売主
  • 買主
  • 売主側の不動産仲介業者
  • 買主側の不動産仲介業者
  • 売主側の銀行担当者(売主が抵当権を抹消する場合)
  • 買主側の銀行担当者(買主が借入で購入する場合)
  • 司法書士(不動産の登記をするため)

税理士が立ち会うことは、普通はないのですが、契約書の読み合わせや、遠方にお一人で行かれるご不安がある方の場合、お客様のご要望により、私も同席させて頂く事があります。
今回もそのケースで、契約は現地の不動産会社様の会議室で、、決済(代金の受け取り)は現地の銀行の会議室で行いました。

このような売買契約の際は、お互いが初対面ですから、重苦しい雰囲気になりがちです。
ですので、私も
「(売主様の)用心棒として参りました、税理士の石橋です!」
と、買主の社長様にご挨拶させて頂きました。
少し、場が和んだ気がします(笑)

皆様のご協力があって、比較的スムースに、契約内容の説明から決済まで、終わりました。

売買契約には、事前の準備が欠かせません。
今回は、現地の不動産業者様が、書類(建築竣工図面等)やカギの受領証をお作り頂いておりませんでした。
これがありませんと、売主様は、カギや竣工図面を、確かに売主様にお渡ししたか、後日、不安になってしまうかもしれません。

ですので、私の方で原案を作り、売主様に事前にチェックいただきました。
当日、カギ・図面と引き換えに、きちんと受領証に印鑑をいただいたので、一安心です。

東京は何でも法律法律、とうるさいところがありますが、地方の方は皆様ご信頼関係ができあがっていますから、あまり書類整備をガチガチにおやりにならないことが多いです。
ですが、書類を確かにお渡ししたという証拠を残しませんと、売主様は不安ですから、やはり書類やカギの受領証は作るべきでしょう。

行きの車内から、売り地の立て看板が見えました。

19-不動産売買契約(車内).JPG

ですが、この地域の地価は、バブル直前と比較して、3分の1程度になってしまっています。
もし売れたとしても、どんな方が買うのでしょうか?
少し、心配になってしまいました。

税理士の仕事は、単なる税金計算だけではないはずです。
お客様のために、色々なことが出来るはずです。
私も、もっともっと研鑽を積んでいきたいと思います。

こちらへクリックをお願い致します。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

中央区日本橋の税理士、石橋です。

先々週、知り合いの弁護士、社会保険労務士、行政書士と、お花見に行ってきました。

場所は隅田公園です。
場所取りは、行政書士の先生、買い出しは弁護士先生がしてくださり、おんぶにだっこで申し訳ありませんでした。

18-お花見.JPG

やはり、お花見のメッカだけあって、とても混雑していました。
ですが、当日はあいにくの寒さ。
午後7時から開始しましたが、8時には霧雨が、8時半には本格的な雨が降ってきて、早くも撤収となりました(T-T)

弁護士先生が、貼るほっかいろを大量のお持ち頂いておりましたので、私もぺたぺた貼らせて頂きましたが、いかんせん追いつきません。帰宅後は熱いお風呂にゆっくりつかりました。

お仕事ができる先生方は、お花見の準備も違います。私も、また勉強させて頂きました。

我々のお仕事は、どこでつながるか分かりませんし、最後は、信頼できる専門家の先生に頼るしかないと思うんです。弁護士や税理士といえでも、自分の専門分野以外のことは分かりません。そんなときに、聞きやすい専門家がいると心強いと思います。
また、最近は社会保険の問題がクローズアップされてきましたから、社会保険労務士の先生の協力も欠かせません。

いずれにしても、仲間同士で、くだらない話しをするのも楽しいものです。
仕事や勉強から解放される時間も必要ですね。

こちらへクリックをお願い致します。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

こんにちは。
東京都中央区日本橋の税理士、石橋です。

本年の確定申告も大変でした。
弊事務所では、1件1件のお客様につきまして、丁寧に丁寧にご対応させて頂いておりますので、他の会計事務所、税理士事務所よりも作業に時間がかかります。
ですが、結果的に、お客様の満足度につながりますので、来年以降も、このスタンスで頑張っていきたいと思います。

ところで、お客様がキッチンスタジオを開設されるということで、3月上旬にお邪魔してきました。
場所は、代々木八幡駅から徒歩数分のところです。

17-キッチンスタジオ(1).JPG

お客様がお持ちの賃貸ビルの1階が空いたので、以前から構想を暖めていらっしゃったキッチンスタジオを開設されるということでした。
私は料理は全くできませんが(笑)、素人の私でも、かなりのハイスペックな設備だということが分かります。

17-キッチンスタジオ(2).JPG

内装も、高級感があり、こだわっていらっしゃいました。
冷えた飲み物も、常備されるようです。

17-キッチンスタジオ(3).JPG

プロの料理人が、手ぶらで来ても料理教室ができるよう、備品にもこだわっていらっしゃいました。

私も勉強不足だったのですが、最近はキッチンスタジオが足りないようです。用途としては、料理教室、料理写真の撮影、ホームパーティーといったところのようです。

オープンは、5月から6月くらいになりそうですが、是非順調にお客様が集まって、上手くいって頂きたい。そう願っております。
ちなみに、お祝いのお花をお贈りさせて頂こうとしましたら、
「お気持ちは大変ありがたいのですが、内部のレイアウトがありますので、できれば他のものがいいですね」
と、おっしゃって頂きました。
確かに、これだけレイアウト、内装にこだわっていらっしゃいますから、お花を置くことでレイアウトが変わってしまうかもしれません。
ですので、お酒や、お菓子等、何がご入り用なのか、頑張って考えてみたいと思います(^_^)

お客様のお喜びは税理士の喜びでもあります。これからも頑張ってお客様をお支えしていきたいと思います。

こちらへクリックをお願い致します。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

こんにちは。
中央区日本橋で税理士事務所を開業しております、税理士の石橋です。

突然ですが、我々のお仕事は、単発(その場限りのもの)と、継続(月単位や年単位で継続してお受けするもの)とに分かれます。

単発のお仕事の代表格は、年1回の確定申告でしょうか。
それも、不動産の譲渡(売却)といった特殊な確定申告は、単発(その場1回限り)のご依頼が多いです。

これに対して、継続のお仕事の代表格は、やはり会社の顧問契約でしょう。
会社の税金計算は、個人の方と比べて難しいため、やはり税理士に頼まざるを得ません。
税理士の方も、継続して会社の内容を見ませんと、間違えたり、有利なアドバイスができませんから、顧問契約という継続のお仕事になるんですね。

ところで、昨年、不動産の譲渡(買い換え)の確定申告をご依頼頂きましたお客様から、本年もまたご依頼頂きました。
(インターネットを見ていらっしゃいました)

昨年の時は、お仕事の職場が近いのでご依頼頂いたと思うんですが、この中央区近辺に星の数ほどある税理士事務所のなかで、当事務所をお選び頂きましたので、大変うれしかったことを覚えております。

そのお客様から、また今年もご依頼頂きました。

昨年のご依頼後に、
「おそらく来年はご自分でできると思いますが、万が一出来ない場合や、お時間がない場合は、またお声かけください」
とお伝えして、お別れしたのを覚えております。

引き続きご依頼頂くというのは、昨年お仕事内容やご対応が良かった(と勝手に思っております(^_^))からだと思いますので、励みになります。
これからも、精一杯頑張って行きたいと思います。

ところで、我々の仕事は、出先でお客様から書類をお預かりすることが多いです。
私のこだわり?として、良いカバン選びというものがあります。
税理士にとって良いカバンとは、次の条件を満たすものだと思います。

  • 書類が落ちない(ファスナー等がしっかりしている)
  • 耐久性(すり切れて穴が開かないこと)
  • 軽さ(耐久性があっても重くては疲れてしまう)
  • 価格(どんなに良いカバンでも消耗品なので3万円くらいまでが限度)

その条件を満たすカバンとして、私は「マンハッタンパッセージ」というメーカーのカバンを使っております。
以前は、「#2475 "ゼログラヴィティー"3WAYブリーフケース」というものを使っていたのですが、使いすぎて穴が開いてしまいましたので、次のカバンに買い換えました。

「#3275 "ゼロ"3wayブリーフケース,Plus2」

16-カバン.JPG

このメーカーのカバンも、もう長いですね。男性は女性に比べて、1つのブランドを決めたら長く使う方が多いような気がします。
私も、お客様に長くお付き合い頂けるように、頑張っていきたいと思います。

こちらへクリックをお願い致します。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

確定申告のご依頼

おはようございます。
中央区日本橋で税理士をしております石橋です。

昨年は色々な方からご支援を頂きまして、事務所を運営することができました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

ところで、昨年のお話しなのですが、
「インターネットのホームページを見ました」
とのことで、何件か確定申告のご依頼を頂きました。

そのうちの1件は弁護士先生でした。
最初のご相談は「自分で確定申告しているが、何か間違っている気がするんですよね~」とのことでした。
過去の確定申告書を拝見させて頂きますと、実際に間違っていらっしゃっいました。
それなので、今後は正しくやりたい、税金のプロである税理士に依頼したい、とのことで、ご依頼頂きました。

弁護士先生や司法書士先生といった、いわゆる「士業」の方は、どうしてもご自分の税金計算は後回しになってしまいます。
(私自身も自分の確定申告は常に後回しになります。それと同じですね・・・)

ですから、費用面と税理士との相性が合えば、年1回の確定申告は税理士にご依頼された方が良い、との考え方も理解できますし、合理的だと思います。空いた時間をお仕事やご家族のために使えますからね。

また、別の1件は、新しく不動産賃貸業を始められた不動産オーナー様でした。
聞くところによると、本業はサラリーマンだが、万が一のために不動産投資による副収入も確保しておきたい、とのことで新しく不動産投資を始められていらっしゃいました。
このオーナー様はご自分で色々と実行される「自分で動く」オーナー様でした。業者任せにせず、細かな内装などについて、ご自分で立てられた色々な仮説をもとに動かれていらっしゃいます。
私もこの姿勢を見習わなければいけない。本当にそう思いました。

ご依頼が決まり、ざっくばらんなお話しをさせて頂きました。そのなかで、
「色々な税理士のホームページがあると思いますが、なぜ、私の事務所にご依頼頂いたのですか?」
とお聞きしたところ、
「石橋先生のホームページが一番作りが良く、システムに詳しいと思ったからです。また、不動産に対する知見もかなりおありだと思いました。ですから、最初に石橋先生の事務所に相談しに行こうと思いました」
とのことでした。

具体的なお仕事内容をお聞きすると、ある大手企業でWEB関係のお仕事をされているとのこと。
プロの方に、このようなお褒めの言葉を頂戴しますと、頑張ってお客様のためにお仕事をしよう、という気持ちになります。

結局のところ、我々の仕事は、いかにお客様のために頑張れるかに尽きるかと思います。
今年も、他の税理士には真似できないような、お客様へのご対応に努めたいと思います。

八重洲さくら通りのイルミネーションが綺麗でしたので、撮影してみました。

15-八重洲さくら通り.JPG

春は桜が満開になります。
イルミネーションの輝きはいっときですが、お客様とのお付き合いは長く続きます。
いつでも輝き続けられるよう、努力していきたいと思います。

こちらへクリックをお願い致します。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

1   2   3